読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山本美芽のフュージョン・ダイアリー

音楽ライター山本美芽によるジャズとフュージョンについての取材日記です。

ヨーロピアン・ジャズトリオに取材

ヨーロピアン・ジャズ・トリオ

ジャズジャパンの今月売りの号で、ヨーロピアン・ジャズトリオに取材しました。
息の長い活動を続けているオランダのグループです。
ピアノのマーク、ドラムのロイが、新作「春の海」のための
プロモーション来日ということで、
インタビューしてきました。

ヨーロピアンって確かに聴くとすごくアメリカのジャズと感じが違って、
でも何がヨーロピアンなのか、知りたくて、取材のときあれこれ質問していました。
ピアノに関しては、アメリカのジャズは比較的リズム重視、歯切れ良いリズム
を出すためにペダルはあまり踏まないのですが、ヨーロピアン・ジャズトリオは
ペダルも普通に使うし、すごくレガートで流れるように弾きますね。

そこでヨーロピアン・ジャズトリオでは、ドラムのアプローチは何が違うのかというところで、面白いお話がきけました。

しかし、マークもロイもオランダ人で、ふたりで話すときはオランダ語だそうですが
英語もとってもきれいな発音で、びっくりでした。

祈り~春の海

祈り~春の海

JAZZ JAPAN Vol.27

JAZZ JAPAN Vol.27