山本美芽のフュージョン・ダイアリー

音楽ライター山本美芽によるジャズとフュージョンについての取材日記です。

T-スクェアのツアーパンフのライティングを担当しました


現在、T−スクェア・スーパーバンドのツアーが行われています。

今年のツアーはパンフレットを作るということで、

ツアーパンフの原稿作成のお手伝いをいたしました。

作成にあたっては、メンバー8人と、新しいアルバム「スマイル」のレコーディングのときのお話や、ツアーへの思いなど、ひとりずつ伺いました。

今回は35周年(!)記念のスーパーバンドということで、
現メンバーの安藤正容(まさひろ)さん、伊東たけしさん、
河野啓三さん、坂東慧さん、そして
元メンバーでパーカッショニストの仙波清彦さんや、
元メンバーでベーシストの須藤満さん、
元メンバーでサックス奏者の宮崎隆睦(たかひろ)さん、
そして現在のサポートベースの田中晋吾さんにもお話を伺いました。

こういう機会って本当に貴重なんですよね。
雑誌の取材だと、メンバー全員で1時間とか、メンバーのうち2人ぐらいに1時間とか、そんなもんですから。


私もスクェアのメンバーの方々とはおつきあいが長く、特に安藤さんには定期的にインタビューしているので、もう、いまさら何を聞くんだろうかと いうような気もするんですが、お話しすると、出てくるんですよね。最近ハマっているミュージシャンとか、itunesでいろいろ新しい音楽を探しているとか。

仙波さんは邦楽のお囃子の師匠なので、「わたし昔、雅楽習ってたんです〜。竜笛と鉦鼓を若干」と申し上げたら「ついてたのは誰?」と質問され、「えっと上先生のお弟子さんで」…「飲みに行きましょう」と何度もいっていただき、光栄すぎて冷や汗が(爆)

田中晋吾さんは、パンフレットに書けなかったのですが、LAに1年間留学していたことがあったんだそうです。
食事がとにかく大変だった〜日本食売っているけれどめちゃくちゃ高いし〜という話で、アメリカ生活の苦労で盛り上がり。

でも、ロスでは、音楽学校の先生に「きょうレコーディングの見学あるけど来る?」といったら、スーパースターがドラムを叩いていたとか、素晴らしい出会いがいっぱいあったんだとか。

35年も続いているバンド、私は25年ぐらいリアルタイムで聴いていて
そのうち15年ぐらいはお仕事でおつきあいさせていただき、いろんな思い出がメンバーから出てきて「そうそう、そうでしたねえ」「あのとき、いましたよ、そのライブ!」みたいな話が尽きないんです。

音楽だけでつながっているゆるいつながりなんですが、これだけ長い間共通の思い出を重ねていると、なんだか、家族っぽい感じがしてきます。もちろん私が一方的にそう思っているだけなんですけれど、それはそれでいいんです。

聴き手のほうは、いつでもファンをやめていいわけだし、
いつでもコンサートを欠席してもいい。

それなのに、5年10年20年と、コンサートに通い続けるファンがいるというのが、すごいです。

けっきょくは音楽や演奏に魅力があるからなんですが、すごくかけがえのないものだよなぁ〜と改めて思います。

ツアーにもし行かれる方は、パンフレット、ぜひぜひお買い上げを!!

スクェアのオフィシャルサイトにツアーパンフの表紙が載っています。
2500円です。サイトでは買えませんがご紹介まで。
http://www.tsquare.jp/free/index.html

10月には「野音であそぶ」、これもスクェアの恒例行事なんですけど
予定されているそうです。台風直撃で中止になったりとか、いろんな
思い出があります。

Smile

Smile