山本美芽のフュージョン・ダイアリー

音楽ライター山本美芽によるジャズとフュージョンについての取材日記です。

ハービーの処女航海とスピーク・ライク・ア・チャイルド

ハービー・ハンコックは、10枚くらいアルバム持っていますが、それは原稿書きの資料として。

どうしても、ピンとこなかったんです。


しかし、今年、ハービーの自伝が英語で出て、それをアメリカ人の先生と読んでいるうちに、すごく興味が出てきまして、処女航海とスピーク・ライク・ア・チャイルドのCDを買いました。借りて一度聴いたぐらいだったので、この際。


f:id:mimeyama:20150811062446j:image

面白い。
ハービーの才能みたいなものが、ダイレクトに感じられる。

やっと、わかるようになったみたいです。


まだ、50年代と60年代のジャズの名盤は手つかずなので、これから楽しみです。