読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山本美芽のフュージョン・ダイアリー

音楽ライター山本美芽によるジャズとフュージョンについての取材日記です。

T-スクェア 中野サンプラザ 2015年9月12日

www.tsquare.jp

f:id:mimeyama:20150912201614j:image

 
 
中野サンプラザでスクェアのライブでした。
 
1曲目から総立ちで、お客さんも、みんな元気いっぱいです。
 
伊東さんのEWIの音が柔らかくて素敵でした。最近使っているEWI1000。むかしのEWIを探してきて、大事にコンディションを整えて使っているそうです。ふわ~っと広がる音がいいんだなぁ。
 
いまのスクェア、ジャズっぽいソロ回しとかよりは、アンサンブルをバシッと聴かせてもらった感じです
 
2001年以降の曲がほとんど。去年までは、80年代、90年代の曲が多かったのと、がらっと変えてきたなという印象。
 
去年の暮れから、ザ・スクェアとT-スクェアの対バン形式ライブとかやっていますので、ザ・スクェアと今のメンバーのサウンドと何が違うのか選曲、アレンジ、ソロの配置や長さまで含めて明確に突き詰めているのでしょう。基本的に、坂東さん河野さんはジャズよりもロック寄りの音楽性。さらに、90年代のザ・スクェアにはものすごく緻密なかっちりしたテイストがありましたが、そうではなく、ロック寄りなんだけれど自由でしなやかなアンサンブル、ビート感、スケール感、華やかさ。
 
お馴染みのあの曲も、そんな今のスクェアらしい演奏になっていて、ザの頃の音とも、本田さんの頃の音とも、また違う魅力で輝いていました。
 f:id:mimeyama:20150917090003j:image

↑ 終演後、河野啓三さんにご挨拶に。


中野サンプラザ、ソールドアウトではなかったのかな? でも、かなり埋まっていましたし、いまのスクェアの魅力が、最近また認知されつつあるようです。
 
今後のライブ情報はこちらです。
 
「T-SQUARE ホールツアー2015 PARADISE in 奈良」
場所:なら100年会館大ホール
公演日:2015/11/8(日)
開場:17:00/開演:17:30
料金:一般:6,000円/学生:4,000円
主催:奈良新聞社 / お問い合わせ先:0742-32-2115
後援:奈良県/奈良市/奈良県吹奏楽連盟
※一般発売 10/3(土)10:00〜

「T-SQUARE COUNTDOWN CONCERT 2015-2016」
場所:日本橋三井ホール
公演日:2015/12/31(木)
開場:21:00/開演:21:30
全席指定:6,300円(税込み・1ドリンク別途必要)
※18歳以下の学生のお客様は割引あり。
チケットご購入の上、当日入場時(終演後無効)に証明書(学生証等)を提示にて¥2,000返金。
企画制作:T-SQUARE MUSIC ENTERTAINMENT Inc./ON THE LINE
問い合わせ:キョードー東京0570-550-799(平日11:00〜18:00、土日祝10:00〜18:00)
※一般発売 10/24(土)10:00〜
※18歳未満の方は保護者同伴、もしくは保護者の同意書を持参の上ご来場下さい。
【奈良公演、カウントダウン公演のFC先行スケジュール】
FC先行 エントリー受付 :2015/09/19(土)12:00~2015/09/23(水祝)23:59まで
当落・チケット発券期間 : 2015/09/26(土)12:00~2015/09/29(木)23:00まで

【T-SQUARE Family “YEAR-END SPECIAL 2015” のFC先行は本日12:00より受付開始】
FC 先行 エントリー受付:2015/09/12( 土 )12:00 ~ 2015/09/23( 水・祝 )23:59 まで
当落・チケット発券期間:2015/09/26( 土 )12:00 ~ 2015/09/29( 木 )23:00 まで
※一般発売 2015/10/03(土)10:00~
※各日共に、別途ドリンク代(18日、25日は別途ドリンク・フード代)が掛かります。
また、それぞれの入場順に関しましては、
10日間通し券→(SQUARE期間中は6日間通し券)→先行→一般→当日券という順番になりますので、予めご了承ください。

 

以上ライブスケジュールでした。

 

 

 5月にザ・スクェアとT-スクェアで対バンでやったときのライブdvdこちら。

一夜限りのFANTASTIC SQUARE LIVE [DVD]

一夜限りのFANTASTIC SQUARE LIVE [DVD]

 

 

今年のスクェアのアルバム。

ドラムの坂東君が80年代をほうふつとさせる音色をあちこちにちりばめつつも、新鮮、しかもスクェアらしい曲をたくさん作っているのに驚かされました。ライブでも聴きましたが、やはり、良かったです。

 

PARADISE

PARADISE