山本美芽のフュージョン・ダイアリー

音楽ライター山本美芽によるジャズとフュージョンについての取材日記です。

T-スクェア 「リバース」ツアー 中野サンプラザ

中野サンプラザでスクェアのツアー初日。

なんと「トゥルース」演奏中はスマホで撮影ok。f:id:mimeyama:20170702192715j:imagef:id:mimeyama:20170702192717j:imagef:id:mimeyama:20170702192721j:image

カセットのプレイヤー買えました。可愛い‼︎
むかしのカセットテープ発掘して聴いてみよう。

「リバース」の曲、ライブで聴いたら改めて良かったです。メロディの動きが2度とか半音でなめらかなのにバンバン転調しててカラフル。

安藤さんのギター、伊東さんのサックスとEWIの音色も抜けが良くさすがの存在感です。

 

おととい角松さんを同じ会場で聴いたので、つい比較しちゃいます。

 

どちらも35年以上続いている老舗。

角松さんは今回は新しい作品作る気がしなくて30年前のアルバムをリメイク。

スクェアは、若手がスクェアらしい曲をたくさん書いて、毎年新作を出し続けている。

 

らい時間は、角松さんは3時間半、スクェアは2時間。だいぶ角松さんが長い。まあ3時間半までいかなくても、スクェア、もう少し長くてもいい気がしますが。