山本美芽のフュージョン・ダイアリー

音楽ライター山本美芽によるジャズとフュージョンについての取材日記です。

ブルースアレイでDimensionライブ

ブルースアレイでDimensionのライブ。

三井ホール、年末と聞いたけど、また変わってる。年明けに休めたのか、演奏がすごく新鮮で冴え渡ってる。

むだのないリラックスと集中があり

充実度がものすごい。

 

「30」の曲が中心。

 

30 (Blu-specCD2)

30 (Blu-specCD2)

 

 

mysticEyes あやしい雰囲気いい。プログレ的な決まりごとがスパッときまっていて見事。

Delusionはイントロ、ドラムソロからギターソロにドラムの刻みを入れてアルバムのイントロに。面白い。サックスとキーボードのかけあいがスリリング。

 Dance the dance  淡々としてるが流れが素晴らしくひきこまれる。

An empty dream 小野塚さんのピアノメロがいい。そこにサックスが絡む様子がよくわかって納得。

 

 

ベスト盤からは

 

Brighter in your life. くつろいだ伸びやかな感じが最高

beat#5 増崎さんのギターソロの最後にバスドラム連打がハマりすぎ。

Nudistic 最近2回はこの曲やってなかったと思うけれど、やっぱりこれがないと物足りない。グルーヴがあったかい。

Rise ストリングスの刻みをギターが弾いていたような? 空間を残したアレンジだったような?すごくグルーヴが良かった。

 アンコール 久しぶりにTones。ギターのカッティングがなんだか染みる。

 

改めて、30の曲はかなり構築されていて、演奏が大変なんだろうな。

レコーディングでは作った段階。

今は、ツアー最初の頃より、曲全体、各楽器の流れをより把握してる、洗練、切れ味、

深みのある演奏になっていました。

 

12月9、

 

29日、1月27日と、この期間でこうやって変貌するのを聴くのは本当に面白い。

 

終演後、則竹さんと久しぶりに少しお話しできましたが、

「年末ともまた全然違いました」と伝えたら

「うん、違うでしょう」とにっこり。

 

調子のいい悪いではなく

違う段階にきたというような違い。

私は東京だけしか聞いてないけど、地方も含めて

ツアー毎回で変わっていくのだろうな。

 

ライブ2回目に聴いて「あれ?前と変わってない。もういいや」と思ってしまうアーティストもいないわけじゃない。

 

同じだと飽きてしまう、

先に進まないと自分がつまらない。

かといってクオリティが下がるのはあり得ない。

年々ハードルは高くなるけれど

しんどいけど、そこは譲れない。

 

f:id:mimeyama:20180128085828j:image

 

昨年はディメンションのお仕事たくさんいただきました。

 

夢中で聴いて必死に書いたけど、まだまだ彼らの音楽の全貌は把握しきれてない。

 

今年はもっともっと詳しくなりたい。

 

 ベスト盤のライナーノーツ

BEST ALBUM「Best of Best 25thAnniversary」 (CD)

BEST ALBUM「Best of Best 25thAnniversary」 (CD)

 

 

 

 

 この号ではインタビュー書いてます。

JAZZ LIFE 2017年 11 月号 [雑誌]

JAZZ LIFE 2017年 11 月号 [雑誌]

 

 こちらはライブレポート。

 

JAZZ JAPAN(ジャズジャパン) Vol.90

JAZZ JAPAN(ジャズジャパン) Vol.90

 

 

 

 

Gregory Privat 丸の内コットンクラブ

ジャズジャパンの取材で丸の内コットンクラブへ。
マルティニーク出身でパリから来てくれたピアニストのグレゴリープリヴァさん。
思索的な深み。
やっぱりメロディがすごくいい。
カリビアングルーヴが融合してすごく新鮮。

ペトルチアーニが亡くなってから、ずっとぽっかり空いていた場所に来てくれた気がして
どうしても聴きたかった。

すごく満たされました。

発売されるジャズジャパンでは彼のインタビュー原稿書かせてもらってます。

f:id:mimeyama:20180119210340j:image
こちはらインタビュー時の写真。f:id:mimeyama:20180119210509j:image

 

JAZZ JAPAN(ジャズジャパン) Vol.90

JAZZ JAPAN(ジャズジャパン) Vol.90

 

 

 

ハクエイキムさんに取材

ジャズジャパンでハクエイキムさんに取材してきました。

 


ピアノソロをリリースされます。響きがとにかく素晴らしくて引きこまれます。超おすすめ!!!

 

貴公子‼︎として宣伝されているかたですが

確かにちょっとやそっとではないたたずまい。

 

お話してみると、誠実でユニーク、非凡なセンス、愛すべきキャラクター。

すっかりファンになってしまいました。


こちらが新作。

 

レゾナンス

レゾナンス

 

 

 

 

 

 

 

 http://www.universal-music.co.jp/hakuei-kim/news/NEWS - ハクエイ・キム | Hakuei Kim - UNIVERSAL MUSIC JAPAN

 

ピアノソロのリリースツアー、本数が多いですね。

たぶんみなさんのご近所に来てくださるんじゃないでしょうか。

ディメンション ブルースアレイジャパン

ディメンション@目黒ブルースアレイ。

f:id:mimeyama:20171230175901j:image
全員リラックスして音楽に集中しているライブ。なんとも言えないアンサンブルに引き込まれました。

 

新作リリースツアーを終えて、年末に、ホームグラウンドで、特にお題はなく、自由に、何日かライブをやる。

毎年恒例のこのライブが、ディメンションがバンドとして続いていくために、シンプルにやりたいことを見つめなおす大事な時間になっている気がします。これ、25年続けてくるためにも大事なのかも。

 

勝田さんの音色、増崎さんの音、哲平くんのベース、あんな音がするんだっけ。聴き惚れました。

アライブ・ザ・エッジの4ビートから8ビートへの流れが凄い迫力。

バラード「イフ」聞かせ方、間の取り方、すごかったです。

are you gonna 〜のテンポが速くて跳ねてない8ビートなのが新鮮でした。

Riseのドラムパターン、則竹さんのバスドラムの4つ打ちの響きが大好きなので、久しぶりに聞けて嬉しかった。

サカエのセットで、最高にいい音してました。 

 

今年はたくさんディメンションについて書かせていただきました。

新作インタビューはジャズライフとザ・サックス。

 

The SAX vol.85 (ザ・サックス) 2017年11月号

The SAX vol.85 (ザ・サックス) 2017年11月号

 

 

 

 

JAZZ LIFE 2017年 11 月号 [雑誌]

JAZZ LIFE 2017年 11 月号 [雑誌]

 

 

三井ホールのライブレポートはジャズジャパンに掲載。

 

JAZZ JAPAN(ジャズジャパン) Vol.90

JAZZ JAPAN(ジャズジャパン) Vol.90

 

 

ベスト盤ではライナーノーツを担当しました。

 

 

BEST ALBUM「Best of Best 25thAnniversary」 (CD)

BEST ALBUM「Best of Best 25thAnniversary」 (CD)

 

 

聴いていていちばんひきこまれるバンドのひとつです。

 ち

 

小曽根と上原 初共演

オーチャードホールのクリスマスジャスナイト、

エンジェルブルーさんが体調不良で来日できなくなり

スペシャルゲストがピンチヒッターで来るとのこと。

 

上原ひろみさんでした。

もちろん二人は初共演。

詳しくはジャズジャパンでレポートします。

 

 

ディメンション三井ホール

三井ホールでディメンションのツアーファイナルでした。

 

 

30 (Blu-specCD2)

30 (Blu-specCD2)

 

 



「 30」からの曲を中心に。

行き詰まるようなテンションの時代、

踊れる曲をたくさん入れた時代、

そして今は、もっと雄大にいろいろな景色を描く、

そんな時期に入ったのかな。心地よい時間でした。

ジャズジャパン次号でレポートします!