山本美芽の音楽ライター日誌

アーティストの取材執筆記録です。

TRIX「ECCENTRIX」リリース取材へ

ジャズジャパンでTRIXに取材。

新作「エキセントリックス」楽しすぎる!
4人揃ったトークは最強な感じでした。

こんな場所で写真に収まっていいのか、私(汗)
家宝にさせていただきます。

次号にインタビュー掲載になります!!!

 

【メーカー特典あり】 ECCENTRIX(メーカー特典:ステッカー付き)

【メーカー特典あり】 ECCENTRIX(メーカー特典:ステッカー付き)

 

 

 

JAZZ JAPAN(ジャズジャパン) Vol.109

JAZZ JAPAN(ジャズジャパン) Vol.109

 

 




ママになったピアノデュオpiaNAの驚愕パフォーマンス

先日参加した早稲田ステップのお昼のトークコンサートに、佐久間あすか、西本夏生のデュオ piaNAが登場しました。

https://youtu.be/Fg2sXFlaTJU

赤ちゃんを抱っこ、おんぶして
カプースチンの「マンテカ」をアツく演奏!!!
このドライブ感とテンション、息の合い方!!!
やっぱりこのコンビは、
すごい。
カプースチン本人から作品献呈されているのも納得です。
いやはや恐れ入りました。

 まあママになる前からやってたからできるんだと思いますけどね。笑 赤ちゃんも大きくなるとおんぶが大変になるから今だけです。

ピアノも子育ても欲張りに両立してやる!!! という私たちの熱い思いを形にしてくれているパフォーマンスに激しく共感しました。

 

後半の8手連弾には、私の師匠、多喜靖美先生と、門下の先輩(だけど私よりずーっと若い)でプロミュージシャンの菅谷詩織先生も参加。佐久間先生ももちろん門下の大先輩。こちらも盛り上がりましたねー。

 

8手はこの1か月で3回も見ました。今度やってみようかな。

 

小野塚晃ソロライブ 六本木クラップス

ディメンションのキーボード、小野塚晃さんのソロアルバム「天空の楽園」が出るそうで、

バースデーライブに行ってきました。

六本木クラップス。

 

f:id:mimeyama:20190731071138j:image
f:id:mimeyama:20190731071135j:image
f:id:mimeyama:20190731071248j:image

 

 


天下一品の小野塚さんの演奏を堪能しました。

一緒に演奏するプログラミングが

作曲家の頭の中そのままみたいな迫力。

 


森光奏太(b)さん上原俊亮 しゅんすけ「(ds)さんの超若手リズムセクション

小野塚さんのオリジナルを完璧に演奏して

しかも余裕さえあって

いやーびっくりでした。

ピアノ鍵盤まつり!レ・フレール with special guest 鍵盤男子

赤坂区民センターでレ・フレールのコンサート

鍵盤男子がゲスト。

 

f:id:mimeyama:20190721224339j:imagef:id:mimeyama:20190721224344j:imagef:id:mimeyama:20190721224439j:image


もしかしたら

連弾のユニットというのが

ジャンルとして確立しつつあるのかな。

 


相方のシャッフルや乱入、

ジャズフェスティバルでも大好きなんだけど

 


大井さんが圭土さんと弾いた〈クロス第2番〉

ハッとするような歌い方と音色。

 


守也さんが中村さんと弾いた〈サッド・スマイル〉、

メロディが、破壊力ありすぎて

1音聴いたら、ぎゅーっと、来ました。

泣けた。

曲が終わるまで、止まらなくて。

 


なぜ?

守也さんのメロディの歌い方と音色?

中村さんのこの曲の力?

ふたりの演奏のバランス?

 


おそらく、、全てが揃ったから。

 


4人で入り乱れて弾いてくれると、、まあ盛り上がる、

音が厚い、入れ替わりがスリル満点。 

鍵盤男子のお二人のライブは初めてでしたが

すごい才能。

大井さん、ピアノがうまい。うますぎる。

中村さん、魅せる。作曲家と言いつつパフォーマー。

話うまい。

華がある。

二人とも経歴すごいけどキャラが立ってる。

 


本当、盛り上げてくれました。

シーケンサー入れた曲も聴いてみたかったな。

 


で、前半はレ・フレールのみの演奏でしたが

 


冷静に思い出すと、聴きごたえありました。

 


1曲目、〈空へ〉 スカーン! とさわやかなこの曲。軽快に始まりました。あれ? もしかして湿気?  ベーゼンのセミコンならもう少し鳴るはず?

と思っていたら、2曲目〈挑戦者〉の途中からどんどん鳴り始めて。

どんどん引きこまれる。 〈クロス第4番〉!!!

これは手に汗握る。

ライブだとダイナミクスの変化がすごくて

後半、いつもよりすごくフォルテな場所があって

えっ? そう来た? 息をのみました。 〈シャクナンガンピ〉

美しすぎる。風景のよう。

連打のメロディーバッチリ決まった。

 

 

〈Follow me!〉アドリブを手拍子で真似るのが楽しい!! この守也さんパートでお客さんを煽る技、できないけれど、できるようになりたい、、

 


今日みたいなお祭りスタイルは

ジャズやフュージョンでは本当に日常的にあって

誰と誰の組み合わせであの曲、とかの

組み合わせや違いをいつも楽しんでいます。

 


5人のうちひとりプレイヤーが変わるだけでも

全然印象が変わる。

 


連弾で一人変わったら

 


全く別のものに生まれ変わるのは当然。

 


ただそのためには

レフレール  のコピー、

鍵盤男子のコピーではなく

 


オリジナリティのあるプレイヤーでないと

面白くない。

 


そういう楽しみ方が

連弾のジャンルでも出てくる日が

そう遠くはないかもしれません。

 


レフレール  のコピーやってる上手いプレイヤー達には

早くオリジナル曲、オリジナルアレンジ、

オリジナリティ確立に向けて動いて欲しい。

 


次々にピアノデュオがメジャーデビューして

それだけでデュオフェスとかできるようになったら

楽しいだろうな。

 


嬉しい、と繰り返していた鍵盤男子のお二人。

レフレール  の二人も嬉しそうだった。

それを観ているだけで、嬉しくなる。

 


長くライブに通う人生やってると

10年、20年経ってから

あれがターニングポイントだったと

思うライブというのが、ある。

 


今日は、それかもしれない。

 


時間が経たないと、わからないけれど。

 

 

ピアノの先生たち、

続くユニットを、みんなで育てましょう。

 


#レフレール #LesFreres 

#斎藤守也  #斎藤圭土 #sadsmile #cross 

#鍵盤男子 #大井健  #中村匡宏 

#赤坂区民センター