山本美芽の音楽ライター日誌

アーティストの取材執筆記録です。

レ・フレール ノエル・ド・キャトルマン 2022年12月2日

f:id:mimeyama:20221224193505j:image品川教会にてレ・フレールの
ノエル・ド・キャトルマン公演。
2日目に行きました。


クリスマス曲と新作「Tmieless」から演奏されました


スタインウェイがすごくきれいに鳴って光の粒みたいな音でした。


ミュートは、ずぅーーーん‼︎ と、どこが遠くから、
地底から響いてくるような。
スタインウェイ、こんな音が出るんだ。

 

 


「Timeless」
守也さんが高音部をミュートして
秒針ような音を弾いて刻んでいるけど
カッチン、コッチンと
抑揚が付いているのが
さりげない中にも
すごくよくわかって
圭土さんと一緒に歌ってるんだなぁ、、


美しい音に浸る、幸せな時間でした。



Timeless (特典:なし)

 

角野隼斗 フランチェスコ・トリスターノ東京芸術劇場 2022年11月14

角野隼斗さんとフランチェスコ・トリスターノの二台ピアノのコンサートへ

 

f:id:mimeyama:20221224193104j:image
f:id:mimeyama:20221224193100j:image

 

 

 

 

 

 


輝く音に躍動するリズム。


私が好きな感じで嬉しかった。


 

BBCプロムスジャパン 角野隼斗さんを観に 2022年11月4日

11月4日 オーチャードホールへ。

ゲーム音楽を取り上げる日でしたが、吉松隆さんと狭間美帆さんのピアノ協奏曲がわたし的には注目でした。

吉松さんの繊細な響き狭間さんのダイナミックな作品。どちらも圧巻!!

アンコール「ザナルカンドにて」も、沁みました。

 

角野さんには6月の時点でこのコンサートのためのインタビューを行って記事を執筆しています。

 

 

とにかく日本人作曲家による作品をこれだけ楽しませて、超満員。ものすごい人、新しいものが生まれる旬な場所にいる手ごたえもまた、たまらないものでした。f:id:mimeyama:20221224192511j:image
f:id:mimeyama:20221224192507j:image

納浩一さん「CODA」リリースライブ

9月28日は納浩一さんのアルバム「CODA」のリリースライブに目黒ブルースアレイへ。


演奏困難な凄い曲ばかりだったらしいのですが、私は「かっこいい!!」「沁みる!!」「凄い!!」と、リフレッシュさせていただきました!!
ずらりと並んだベース各種。サックスの小池さんもバリトンサックスをご用意されて、、、ファンキーなベースラインを満喫。贅沢、豪華、聞き応え満点でした。


終演後、ドラマー則竹裕之さん、ピアニスト小野塚彰さんと久しぶりにご挨拶。シャンパンで乾杯されている現場に突撃、、、現場をライターの早田和音さんが撮影してくださいました。


久しぶりに則竹さんと少しお話しいたしましたら、
私がとにかく暗譜が今できなくなって大変なんですよ。と言う話をしたら、則竹さんもご苦労されている、と話を合わせて下さいました。
毎月新しい曲、100曲ぐらいはステージやレコーディングで演奏されていると推察します。余裕たっぷりに素晴らしい演奏でいつも感動のステージを届けてくださるのですが(昨日もなんかもうイントロのドラムパターンだけで涙が止まらない位のことが…)ご苦労はやはりあるということで。
「クラシックは楽譜の情報量がものすごいから暗譜は本当に大変だと思うよ」と慰めてくださいました。

こうした方々を見ているとテンション下げてるヒマはない。と喝が入ります!!

 

 

 

 

 

 

f:id:mimeyama:20221224191338j:image
f:id:mimeyama:20221224191334j:image
f:id:mimeyama:20221224191342j:image
f:id:mimeyama:20221224191346j:image
f:id:mimeyama:20221224191349j:image
f:id:mimeyama:20221224191356j:image

 

 

TRIX 築地ブルームード

「ミラクル」ツアーの3日目、ジャズライフの取材で行ってきました。レポート執筆します。f:id:mimeyama:20221022202346j:image配信を見ながら復習中。

宇都さん入ってますますフュージョンらしくエンタメ路線を爆進中のTRIX 

個人的には今回須藤さんがすごかったなぁ...