山本美芽の音楽ライター日誌

アーティストの取材執筆記録です。

ディメンション 5月7日 丸の内コットンクラブ

昨年「32」をリリース、今年はデビュー30周年というディメンション。

私は1990年代からずっと聴いています。

今回はコットンクラブ。ディメンションの勝田さん増崎さん、そしてキーボードは友田ジュンさん、ベースが田中信吾さん、ドラムは則竹裕之さん。

 

いつもにも増してなんだか力強く、前に進むぞ、というような意思がビリビリ伝わってくるライブでした。

 

「ソウルジャム」マイナーコードで始まり、、メジャーにふっと行ってまたマイナーに戻る印象的なテーマ。これがとにかく格好良くて疾走感があり引き込まれます。

「ゴー・ディープ」

グルーヴ感が心地よく、そこに細かいリズムがビシバシと決まっていくのがもはや快感。立って踊りたいところですが・・・心の中で踊る!!!

 

初期の超絶技巧ナンバーの「クリケットスモーカー」、16分音符が細かい。しかも力強い。鋭い。全員がびしっとそろって鋭いリズムを決まると聴いているこちらも興奮してくる。これぞフュージョンのライブの醍醐味! 演奏が終わったら大変だった~みたいなことを勝田さんがおっしゃっていましたが、いやはや全力疾走感が最高です。超絶に決まってますよ。カッコよすぎ・・・

 

「デスティネーション」よくわからない拍子のフレーズのシンセから始まり、則竹さんが「1,2,3」と叫んで入り、その後もセクションごとにテンポや拍子ががらりと変わる壮大な物語のような曲です。拍がわからなくなってしまうのですが、そうやって翻弄されながら必死についていくのがまた、アトラクションを暗闇で進んでいくような楽しさがあります。たぶん演奏は困難なのだろうけれど、ばっちり決まっていて最高でした。

「ナイトビジョン」ミディアムバラード。スローバラードと比べて甘くなりすぎないのがディメンションの雰囲気にぴったり。大人っぽくリラックスできるサウンドなのですが、スパイスが聴いていて、スムースではないこのサウンドの感触がいいです。

 

最後は「ブライター・イン・ユア・ライフ」。これは則竹さんがディメンションの曲の中で一番好き、と以前どこかでおっしゃっていたかな。とにかく明るくて力強い。テーマのAメロディがドレミソラドの4・7抜きだから? 途中から4・7抜きどころか転調の嵐を経てサビに行って、そこでは4・7抜きじゃない普通のメジャースケールになるんですけど・・・単純な薄っぺらい明るさじゃなくて、光がまぶしいような感覚になる曲です。

 

勝田さん増崎さんは、いつ拝見しても、自分らしさを全力で表現されていて、誰がなんといおうと関係ないというか・・・何か超越した強さみたいな芯の上に構築されたゆるぎない音楽性が強烈で。毎回、生音に触れるたびに、「そう。そうなのよ」と、共感でいっぱいになり、スッキリとしたカタルシスに包まれます。

 

晋吾さんのベースは、スクェアでもそうなんだけど、伸びやかで歌心がありつつ、どしっと支えてくれる。音楽全体が伸びやかになる感じ。いつ聞いても惚れ惚れします。

 

ディメンションでの則竹さん、一番好き・・・沢山叩いてくれてカッコいいフレーズも満載で、難易度高いものからパワフルなものまで惜しげなくいろいろな表情が見られます。

 

7月にはブルーノート東京での公演が決定。そちらはデビュー30周年記念ということで、いまから楽しみです。

 

 

レ・フレール バレンタインコンサート

レ・フレールのバレンタインコフレコンサート。
2月でしたが延期になってしまい今日は母の日に実施となりました。美しい季節にとってもよかったです。かなり気合いの入ったお料理で、レベルが高かったように感じました(すみません偉そう、、、汗)
フォアグラのムースにホワイトアスパラのスープにいちごジュレなんて初めてで、素晴らしかった!お肉やお魚も安定の美味しさ。デザートは女性を意識してか品数多くて、いちごアイスが絶妙なお味でした。

f:id:mimeyama:20220512225649j:image
f:id:mimeyama:20220512225705j:image
f:id:mimeyama:20220512225703j:image
f:id:mimeyama:20220512225722j:image
f:id:mimeyama:20220512225713j:image
f:id:mimeyama:20220512225700j:image
f:id:mimeyama:20220512225708j:image
f:id:mimeyama:20220512225710j:image
f:id:mimeyama:20220512225652j:image
f:id:mimeyama:20220512225719j:image
f:id:mimeyama:20220512225716j:image
f:id:mimeyama:20220512225657j:image
シャンパンにも洋酒が何か混ぜてあり赤っぽくなる工夫が洒落ていました。

f:id:mimeyama:20220515171701j:image
演奏は、バレンタインコンサートの延期が母の日ということで、落ち着いた感じのしみじみした曲が特に良かったです。
守也さんのフォトアルバムや一本道、連弾の
ル・シュマン、ハッピーソングなど。


手元が背中越しに見える席で、グーパーしてる感じがよく見えました。ブギウギ即興のとき圭土さんが弾いている最中に守也さんがいつ入ろうかタイミングをはかっている様子などよく見えて臨場感ありました。「マスカラード」は高速プレイが格好良かったです。

f:id:mimeyama:20220515171616j:image
ピアノは中ぐらいで黒い鍵盤がないタイプのベーゼン。内部奏法はなしバージョンかと思われます。


お土産にサイン色紙とチョコレートいただいてきました。なんかとてもうれしかったです。心がこもっていました。

憧れのホテルにお洒落をして出かけ、

素敵なご飯を食べて、大好きなアーティストの演奏を聞く。なんだか夢をいっぱいに詰め込んだような素敵なコンサートでした。そしてチョコを食べながら色紙を見ながらあの曲よかったなぁ…と振り返る。

 


日頃、家事や仕事に明け暮れておりますが、このような過ごし方。なんとありがたいことでしょう、、。こういう日のために普段頑張っているんですよね。

レ・フレール バキウギライブ 東京

品川で、レ・フレールのお子様向けライブへ

3年ぶり子どもの日のバキウギライブ

ベーゼンでなく、、タカギクラヴィアのスタインウェイのD!?

なんか新しくない、、ヴィンテージ?
こっこれは
キラキラした高音
渋い低音

来るかな、、と思いながら待ち構えていました

めちゃくちゃ来た!


大満足でした。

お子様達の泣き声がなんとも愛おしい。

 

運動会小学校低学年の最近の定番、玉入れダンスの歌「チェッコリ」を守也さんがfollow me のソロでちょっと弾いていてお子様達反応してた気がする、、、笑 運動会か何かで仕入れていらしたんですかね。

 

セットリストは

<レ・フレールでの連弾>

ディズニーランド・メドレー

アンダー・ザ・シー

彼こそが海賊

Cou Cou!

ジョーカー

ルパン3世

 

斎藤守也ソロ 鯉のぼり 以前インスタでも拝見したブルージーなアレンジが素敵でした。

斎藤圭土ソロ ブギウギ即興

〜連弾ブギウギ即興

 

<レ・フレール 連弾>

マスカラード

For Kids

On y va!

あなたの生まれた日

讃歌

 

<アンコール>

Follow me!

 

だったかな? 

 

2人で一緒に鳴らしてくれる音がスカッと気持ちが良いのです。f:id:mimeyama:20220505225942j:image
f:id:mimeyama:20220505225950j:image
f:id:mimeyama:20220505225953j:image

 

 

 

カシオペア3rd ビルボードライブ東京 1st

カシオペア3rd観てきました

 

曲目あり。ご注意下さい

 

 

 

 

 

f:id:mimeyama:20220417192848j:image
f:id:mimeyama:20220417192857j:image
f:id:mimeyama:20220417192852j:image

神保彰さんの卒業ライブ。

 

カラッと明るく心地よいグルーヴ

 

キメの決まり具合も冴えていて、なおかつスリルだけじゃない味もありました

 

Mid Manhattan やASAYAKE

長年聴いてきた曲たちはやっぱり最高。

 

神保さんも野呂さん、鳴瀬さん大高さんも、お疲れ様でございました!!!

ブルーノート東京 本田雅人2022年4月10日

昨夜はブルーノート東京で本田雅人バンドの演奏を聞いてきました。
キレキレのフュージョン。
ポップな躍動感、ウキウキしてくるエキサイティングな曲たち。スクェア時代の和泉さんの名曲もいろいろやってくださり、本田バンドならではの味わいで、涙が出ました。
また則竹さんがあちこちで決めるフィルインがすごくて、今この瞬間に完全燃焼して爆発してるんだけど凄まじく正確で全く隙もなくスパッと入る。ズギューンときます。特に「メガリス」の高速6連符がもう、、、!!!
バンド全体の演奏が結局全てにおいて、そのような完全燃焼したものすごい集中力で迫ってきて、結局そこだな…、と思いながら、またエネルギーを与えられた感覚になって帰ってきました。
インプロビゼーションも入りつつ、バンドで疾走していくその凄まじさみたいなものが好き。だからフュージョンが好きなんだなぁと、ぼんやり考えながら余韻に浸っておりました。
松本圭司さんのピアノ、彼らしい切れ味と陰影があって素敵でした。ベースの川崎さんはディメンションでいつもお聞きしていましたが、本田バンドでは初めてかも。さすがの演奏で惚れ惚れでした。
そして本田さんは年齢を重ね、どんどん凄くなっている、、、ずっと聴いていたい、心地よい音でした。f:id:mimeyama:20220411093754j:image
f:id:mimeyama:20220411093736j:image
f:id:mimeyama:20220411093751j:image
f:id:mimeyama:20220411093747j:image
f:id:mimeyama:20220411093744j:image
f:id:mimeyama:20220411093741j:image

須藤満セッション MZES東京

レッスンと執筆を終え、カレーを作って脱出
赤坂のmzes 東京へ(2回目。迷った)
オシャレでゴージャス感のあるお店。
須藤満さん仕切りの、松本さん則竹さんに
太田剣さん。
良さげと思い駆けつけた私の勘は的中
松本さん曲にサックスが入ると凄い良い感じ‼︎
時々ですがイエロージャケッツみたいな?松本さんがラッセルに見えたような⁉︎

先週TRIX で聴いたときよりはアコースティックで美しい系で須藤さんもまた全然違う感じで感動。

それにしてもグルーヴが素晴らし過ぎる。聴いていると何かを注入される感覚です
テンション爆上がりで帰宅中です。

f:id:mimeyama:20220323230731j:imagef:id:mimeyama:20220323230738j:image