読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山本美芽のフュージョン・ダイアリー

音楽ライター山本美芽によるジャズとフュージョンについての取材日記です。

松本圭司トリオ

松本圭司さんトリオを聴きにブルースアレイへ。須藤さん則竹さんのノリストコンビです。
17年前のツアーも行きました。

 

そのときのブログ。

http://mimeyama004.hatenablog.com/entry/20000531/959698800

 セッション505の収録のときの記事も。

http://mimeyama004.hatenablog.com/entry/20000625/961858803

 

あのときもうまかったけど、いまは、そのときよりみなさんずいぶん進化したなぁ。

17年前は普段聴いていたスクェアと比較してピアノトリオが地味に感じた部分がありましたが、いまは地味じゃない。細かい綺麗な線や模様や影が良く見えて楽しい。

 

ドラムのダイナミクスのつけかた、ベースの曲の役割ごとの音の表情、ピアノの分厚いハーモニーと躍動するリズム、陰翳とうれいがらありつつポップな松本圭司オリジナル曲。とにかく冴えてました。元スクェアってことは関係なく素晴らしかった。f:id:mimeyama:20170222234225j:image

8連ちゃんのツアー最終日が今日だそうです。

アルバムのレコーディング終わっていて出る予定だそうです。

 

須藤さんがAメロをベースで弾き、Bメロ松本さん

のパターン良いなぁ。

 

則竹さんの A Day in Blue 久しぶりに聴きましたが、やっぱりいい曲。7拍子で浮遊感と微かな陰りと叙情性があって。最近上原ひろみや、ディメンションだけてなく、インスト系はポップな変拍子が普通になってきているからか、すごく今っぽく感じます。